給湯器交換業者人気

給湯器交換は一括見積もりで業者の料金を比較しよう

給湯器交換一括見積もり

 

給湯器の耐用年数は、基本的に8年から10年ほどとされています。メーカーによって差が出ることはほとんどありませんが、使い方によっては耐用年数よりも短くなってしまう可能性もあるため注意が必要です。特に不具合や異常がなかったとしても、使い始めてから10年以上が経過した給湯器は経年劣化により熱効率や給湯能力が次第に落ちていきます。また10年が経過すれば同じ部品を用意することは難しく、部品が入手できないことから本体を交換するケースが非常に多いものです。

 

給湯器を交換する際の費用の目安としては、まずは本体価格が発生します。実際にはリモコンの本体料金も必要になることがほとんどです。20号の屋外据え置き型のガス式給湯器の場合には一般的なものであれば本体とリモコンで約15万円、風呂給湯器であれば本体とリモコンで約32万円ほどとなります。号数やサイズが大きいもの、高機能のものを選べばさらに金額はアップすることでしょう。さらにはここに工事費用が発生することになります。標準工事価格は多くの場合3万円から6万5000円ほどです。標準小売価格は既存の機種と同じタイプのものに交換する場合にかかる費用のことであり、もしもこれまでとは異なるタイプものを依頼する場合には、さらに費用は上乗せとなります。

 

給湯器を交換したいけれどもどうやって業者を選べばよいのかわからないという人も多いですが、給湯器交換の際には一括見積もりで業者の料金を比較することがお勧めです。フォームに入力するだけで住まいの条件に合ったものを複数社から一括で見積もり依頼することが可能です。登録されている企業は厳しい審査基準をクリアした優良企業のみであるため、悪徳業者に情報がいくこともありません。即日で見積額の提示がある企業も多く、その中から価格やアフターフォローなどのサービスを比較検討したうえで、最適な見積もりを判断することができるでしょう。またエリアを入力することで近隣の対応可能な会社だけが検索結果に表示されることになるため、業者探しも非常に簡単でスピーディーに行えます。

給湯器からの漏電について

給湯器交換漏電

 

給湯器を使用している時に、漏電ブレーカーが落ちた時には原因として水漏れが関係していることが想定されます。リモコン表示を一度確認してみると漏電のサインが出ていることがありますが、リモコン自体も故障していることがあります。リモコンで原因が特定できないときにも給湯器本体の「復帰ブレーカー」を挙げることで復旧することが可能です。
仮に何度も復帰ブレーカーを操作しても落ちてしまうことを繰り返す場合には、いよいよ漏電の可能性が濃厚になるわけです。このような状況を放置することは火災や感電事故のリスクを飛躍的に高めることになるので、早急な修理が必要です。このような不具合が生じている場合の解決策には漏電ブレーカーを交換する、あるいは給湯器本体を交換すると言った2つのアプローチが検討されることになります。代金の面では機器の取り換えになると費用がかさむのは確かですが、電気関係のトラブルは繰り返す傾向があるのです。たとえ一時的には復旧をみても、修理を繰り返すような場面では一そのこと本体の交換を行う方が長期的にはコスト削減にもつながることもありえます。

 

ところで給湯器自体にも寿命があるので、定期的な交換が推奨されています。一般的な寿命の目安としては10年程とされています。これに近い期間、あるいはその期間をすぎて使用している場合には、交換時期と考えて交換するといった対策をとることが燃費コストと安全性を確保するうえでも必要になると言うべきです。ただしどのような選択がベストなのかは専門家のアドバイスを仰ぐのが間違いがありません。

 

それでは点検や修理を依頼するときには、どのような点に注意するべきでしょうか。この点についてはやはり実績が豊富な業者を選ぶべきです。修理で対応可能か給湯器本体の交換まで必要になるのかは実績と豊富な経験に基づく判断が不可欠だからです。そのような業者であれば漏電トラブル解決のための選択肢も豊富なので適切な対処を期待できます。

給湯器の温度調整をしているのにお湯がでません

給湯器交換温度調整

 

給湯器の温度を上げてもお湯が出ない、そんな状況になったらまず機器の故障を考えてしまうかもしれません。確かに故障することで温度調節が出来なくなる場合もありますが、それほど深刻ではない可能性もあります。まず、温度を調節しても温かくならない場合には、最初のうちだけ冷たくて徐々に温かくなっていくこともあるでしょう。なかなか温度が上がらずイライラするのは困るものですが、しばらくすれば何とかお湯が出るのが厳冬期なら水道水が冷たく外気温も低いことが原因の場合もあります。給湯器からお風呂や洗面所、キッチンと配管を通って運ばれていくわけですが、その距離が長いほど最初のうちは冷たい水が出てきてしまう可能性があります。

 

また、リモコンの設定を勘違いしているかもしれません。浴室のお湯が温かくならない時、キッチンのリモコンが優先になっているためキッチンのみお湯が出る場合もあります。リモコンの温度設定が低くなっている時も、もちろんそれ以上の温度より高くなることはありません。ですから、お湯が出ない場合は今一度リモコンも確認してみましょう。リモコン以外でも給水栓やガス栓が前回になっているかも確認し、もしも石油給湯器なら石油タンクが空になっていないか注意する必要があります。石油給湯器の場合は、タンクが空になってしまってもすぐに給油できない可能性もあるので、日頃から残量をしっかりとチェックしておきましょう。

 

しかし、本当に給湯器が故障してしまったらどんなに気を付けていてもお湯が出ないこともあるでしょう。リモコンが故障する場合もあり、リモコンだけなら交換するのは簡単ですが本体の故障となると手間も費用も掛かることがあります。設置してからかなり年数がたち、そろそろ寿命かなと思うのなら温度調節も微妙になるかもしれません。完全に作動しなくなる前に、おかしいと感じたら点検を受けることがお勧めです。もし故障している箇所の部品があれば交換することは可能ですし、メンテナンスすることで温度も安定することが期待できるでしょう。

給湯器の追い焚きが出来なくなりました

給湯器交換料金

 

外見上は給湯器にトラブルが発生しているようには見えないものの、突如として追い炊き機能が利用できなくなってしまった時、業者に依頼する前に個人的に原因が特定できる方法があります。まず最初にチェックすべきなのは、現時点で浴槽に張られているお湯の水量を確かめるという事です。一言で給湯器とは言っても様々な種類が存在しており、中には浴槽内に張られているお湯を一度機器内に取り込み温め直した上で、浴槽に対して再度戻すという循環式もあります。

 

循環式であるが故に、取り込む事ができるお湯が無ければ給湯器が空焚き状態になってしまい大変危険である様子から、安全管理の観点上自動的に追い炊きが停止するタイプもあります。そのため、追い炊きが突如として停止してしまった時には、給湯器の機器内にお湯を取り込むための取水口まで水が溜まっている事を確認しましょう。取水口まで水が溜まっているのに相変わらず追い炊きが機能しないという場合には、取水口や給湯器に取り付けられている循環用のフィルターに湯垢や頭髪などの不純物が詰まっている可能性を疑います。

 

湯垢や頭髪は気を付けていても蓄積しやすいのですが、小さなお子様を育てていてお子様と一緒に入浴する習慣がある方の場合は、子供用のおもちゃが詰まっている可能性がありますし、その他ヘアピンなどが詰まっている恐れもあります。このように物理的に給湯器に対して悪影響を及ぼし追い炊きが利用不可になっている事例の他には、内部に搭載されている温度センサーが故障していたり、不具合を引き起こしている可能性に目を向ける事も大切です。そもそも給湯器は浴槽に溜まっている水温を定められた水温にするという目的があるため、取水口から取り入れたお湯は追い炊きをしつつ常時センサーで管理しながら循環されています。温度を測るセンサーが故障していると正確な温度を知る事ができず、既に設定温度になっていると認識し追い炊きが行われないトラブルも多いです。

給湯器の故障なのか蛇口をひねってもお湯が出ません

給湯器交換故障

 

蛇口から水道水を出して使用する時には必要に迫られている時なので、普段通り使おうとした時に使用できないのは慌ててしまうものです。業者に連絡しても都合上すぐに来て頂けない事例が多い上、業者に依頼しなくても解決できたという事例も多い事から、まずは自分自身で給湯器を含めて確認箇所をチェックしてみましょう。給湯器はお湯を得る時のみに電気や灯油、ガスを用いて駆動するするのは事実ですが仕組み上冷たいお水を蛇口から出す時にも機器を通過しています。

 

そのため、お湯どころかお水さえも蛇口から出ないという時には、給湯器が故障しているのではなく水道が供給されていない可能性が高いです。水道は電気とガスと同様に重要なインフラの1つなので、基本的に供給が停止されるという事は無いのですが、停止される時の主な理由は断水でありその他にも凍結や水栓の閉栓、水漏れなど個人的な事がきっかけとなって引き起こされる事もあります。一方、お水は蛇口から出るもののお湯となって出てこないという時には、ガスの供給を管理する元栓が閉じているという可能性もあります。

 

水栓と同様にガスの元栓を操作して開栓しておく事は基本中の基本でありますが、給湯器を駆動させるためには灯油をエネルギーにする事例もある事から、灯油をエネルギーにして利用していた方がガスを用いてお湯を沸かす環境で生活し始めた時には、開栓する事を忘却してしまっているといううっかりミスも稀有ではありません。一つ一つ確認していったところ、水道やガスのどちらにも問題が見られないのに相変わらず給湯器を介して蛇口からお湯が得られないという時には、給湯器にトラブルが発生している可能性が高くなりますが、業者に連絡する前に給湯器自体をよく確認するようにしましょう。給湯器には温度設定が行える操作パネルと表示板が搭載されているので設定温度になっている事を確認し、さらにオール電化住宅の場合はお湯の使用量についても再確認する事が求められます。